投球障害肩

野球など投球動作を繰り返し行うスポーツでは肩の痛みを生じることがあり、それらは「投球障害肩」と総称されます。その原因は、肩関節周囲の筋肉のバランスの乱れ、下半身の筋肉の硬さなどの不良なコンディショニングなどが原因のことがほとんどです。無理を続けていると軟骨や腱板などに損傷を生じることもあります。

治療は保存療法が中心となり、リハビリテーションで肩および全身のコンディションの改善を図ります。症状が改善されない場合には精査を行い、軟骨、腱板などの損傷があれば関節鏡などで手術を行うこともあります。
Copyright (C) 2007-2018 千葉上肢を語る会

〔閉じる〕