いわゆる「五十肩」(疼痛性肩関節制動症) 肩関節拘縮

明らかな原因がなく肩関節の疼痛を生じ、次第に肩関節の可動域が損なわれるものを疼痛性肩関節制動症といい、50代に多いので俗に五十肩と呼ばれます。肩関節拘縮は、この疼痛性肩関節制動症も含みますが、外傷や手術後などに二次的に拘縮を生じるものも含みます。

治療は保存療法が第一で、薬物療法(注射も含む)、リハビリテーションなどが行われます。疼痛性肩関節制動症ではほとんどが保存療法で1〜2年のうちに治癒しますが、二次的なものでは治りにくい場合が比較的多く、手術を行うこともあります。
Copyright (C) 2007-2018 千葉上肢を語る会

〔閉じる〕